webライター募集

webライターとは

webライターとは

 

簡単に言うとインターネット上のサイトによる依頼側の内容に沿った記事を書く仕事をする人の事を指します。

 

例えば、サイト上にある商品を実際に試してみて、その感想を書く事についてもwebライターの仕事でもあります。もちろん実際にその商品の消費者が感想を書いている場合もありますが大体はその商品の会社が雇ったwebライターが書いた記事です。いかに自然かつ端的にこれから購入しようと考えている人達に意欲を沸かせるかが大事になるのです。
一方で誰でも簡単にできるwebライターの仕事もあります。それはSEOブログライターです。いまヤフーやグーグルの検索エンジンで上位表示させる為には、その上位にあげたいサイトの内容にそった内容のブログを書かないといけません。SEOで上位表示する方法については今回は全く関係ない事なので省略させていただきます。
大体1記事について800文字くらいの内容でブログを書いていかないといけません。昔は300文字程度で誰でも簡単にできたのですが、現在ではかなりの文字数を必要としているのでサイト作りや構成、文章など考える時間が足りません。そこで記事については外注する人が多いのです。

 

外注とは

 

最近は会社ではなく個人間で仕事を行う事が可能になりました。昔では企業同士でのやり取りがほとんどだったのですがインターネットの普及でいろんな可能性が増えてきたのです。ウェブサイトにはお仕事依頼サイトというのが何サイトも存在しているので登録して依頼や申込を双方で行います。

 

値段は

 

1記事あたりの値段は大体は300円くらいです。中には内容も指示され文字数も指示かつ専門的な記事が必要な場合は値段はどんどんあがっていきます。

 

メリット
やはり外注化する事での記事を書く時間の短縮で他の作業へ時間を振り分ける事ができるのが一番かと思います。特に購入ページではなく、ただ単にページ数を増やしたり更新しないといけないような重要度が低いサイトには最適です。やはり丁寧に仕事をしてくる人というのは少ないのが現状なのです。なのでできる限り、購入させたいページでの外注化は難しいかと思います。

 

デメリット
残念な事に文字を自分では作らないでいろんなサイトからコピーアンドペーストを行って納品してくる悪質な人も存在します。いまコピーされていないか確認できるようなツールが存在していますのでそれを活用して無駄な出費は抑えるようにしていきましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ